肝臓の位置の図|肝臓の病気や肝臓サプリメント

今人気の肝臓サプリメントや健康情報を掲載中!

トップ

肝臓>肝臓の位置の図

肝臓の位置ってどこなの?しっかりと理解しよう。

腹部の右上に位置する肝臓は意外と大きいのです。

肝臓の位置の図をしっかりと見たことがありますか?肝臓は腹部の右上に位置しており、実は腎臓やすい臓などの臓器の中でも最も大きなサイズの内蔵なのです。それだけ肝臓という臓器が重要ということですね。男性のほうが肝臓は比較的大きくなっており、働きも活発とも言われているのです。しっかりと位置や肝臓の知識を身につける事で、沈黙の臓器と言われている肝臓が悪くなった時のサインを見逃さないように意識しましょう。

肝臓の位置の図は上記

肝臓がんには大きく分けて二種類あります。
肝臓の位置は上記の図の通り胃の横の腹部の右上に位置しています。肝臓が非常に悪化してしまった場合、初期症状はありませんが、痛みを伴うこともあります。その際は、この腹部の右上に痛みがあるのでその事を理解しておくと良いでしょう。肝臓の位置の図を見ても分かる通りすい臓や胃と重なっているので、肝臓が必ずしも悪いとはいえませんが、お酒をよく飲む方はとくに気をつけましょう。

肝臓が悪くなった時の症状を把握しよう。

肝臓は悪くなっても中々症状が出にくく、肝臓の位置の図を把握していても痛みを伴わない事も多いので細かな初期症状もしっかりと把握しておくことが重要です。それらをしっかりと理解して予防をしていきましょう。
『イライラしやすくなる』『肌が黄色くなる(黄疸)』『中々眠れない毎日が続く』『肩こりが激しくなる』『だるさがとれない』『爪の色が少し黄色っぽくなる』
こういった症状がでると肝臓が悪くなっているという確証にはなりませんが、症状が重複していたり、お酒を特によく飲む方、最近二日酔いが激しくなってしまった方は一度肝臓の数値などを検査しておくのもよいでしょう。肝臓の位置もしっかりと把握してみると良いとも想います。

この記事を見ている方は他に下記の記事も見ています。



Copyright (C) 肝臓.biz All Rights Reserved.