肝機能障害の症状と原因|肝臓の病気や肝臓サプリメント

今人気の肝臓サプリメントや健康情報を掲載中!

トップ

肝臓>肝機能障害の症状と原因

自覚症状がほとんど無い肝機能障害

お酒を飲む人は特に注意が必要な肝臓のケア

肝機能障害とは、肝臓が何かしらが原因で、衰退して悪化していくことを指します。肝臓は実際に悪くなってしまったとしても中々自覚症状がない沈黙の臓器と呼ばれているのはご存知でしょうか。ですので肝機能障害になったとしてもすぐに気づくことは出来ずに、きづいたら、肝炎や肝硬変、肝臓がんなどになってしまっているという事も非常に少なくないのです。お酒を飲む方は特に肝臓がフル活動している時間が長いので肝機能障害にならないように意識することがとても大切です。原因や症状をしっかりと把握して毎日のケアを怠らないようにしましょう。

肝機能障害の症状って?

特に自覚症状が少ない肝機能障害ですが、肝臓が悪くなると若干ですが、体に異常をきたします。それは、体がだるく感じたり、疲れがとれにくい、吐き気や嘔吐がある、黄疸、吐血、せきが止まらない、手足のむくみがいつもより多い、お酒に悪酔いするようになったなどなど。実際にこれらの症状は肝臓が悪くなったときにだけ出る症状では無いことが非常に大変なのです。高血圧になってしまった時もこういった問題が生じます。ですが、特に黄疸は肝機能障害になったときに出る症状ですのでよく観察しましょう。

肝機能障害の原因を徹底調査

肝臓は様々な働きを日々しており、分解、代謝、解毒、貯蔵、体温の維持などの働きを持っています。肝臓が悪くなり肝臓病になるのは、こういった働きを過度にしすぎることが原因なのです。もちろんこの他にも遺伝という原因もあるのですが・・・。特にお酒を飲む方はこの中でも特に働くのに負担がかかる解毒の働きを多くします。だからこそ肝臓に負担がかかり肝臓が悪くなってしまうのです。一概には言えませんが、こういった肝臓に負担がかかる事ばかりしてしまうと肝臓病になってしまう傾向があるので、肝臓を休ませてあげるのは必ず必要です。週に最低でも1回は肝臓をいたわる日を作りましょう。


この記事を見ている方は他に下記の記事も見ています。



Copyright (C) 肝臓.biz All Rights Reserved.